ずくなし時々ずく

長野県塩尻市の北小野地区でDIYな生活に挑戦中。自然農、古民家改修、季節の暮らしなどなど。

東京

家族も友人も東京にいるので、出張で帰れるのはラッキーです。

出張や里帰りのたびにもちろん同行する小春は、実家でのんびりくつろぐほど慣れました。

 

朝早くから実家の先輩犬、シーズーの福と一緒に都会のお散歩です。

福は小春がちょっと怖くて、家の中では母の陰に隠れてばかりなのですが、お散歩の時は先輩の意地か、しっかり先導して歩きます。

f:id:yelloworange_pepper:20170710011253j:plain

f:id:yelloworange_pepper:20170710011235j:plain

f:id:yelloworange_pepper:20170710011246j:plain

たまに並ぶと、そういえば苦手なアイツと歩いていたんだった、と思い出したように慌ててよけます。小春はマイペースで、自分の及ぼす影響に全く無頓着です。

f:id:yelloworange_pepper:20170710011252j:plain

それにしても、こうやって写真を見返すと、本当に土がないですね。公園にでも行かない限り、アスファルトやタイルやブロックばかり。匂いや触感にまつわる楽しみも減るだろうし、堅くて熱くて歩きにくいかもしれないですね。

 

さて、今回の出張の目的はこちら。

有楽町にある交通会館で開催される、長野県移住セミナーの塩尻ブース担当です。

今回はシティプロモーション係の先輩と二人の出展です。

f:id:yelloworange_pepper:20170710011501j:plain

こういった相談ブースにはもう何度か出ているので、だいぶ慣れました。

塩尻の特色、気候、地区の特色、住宅事情、空き家バンク、移住者としての体験談などについてはいくらでも答えられますし、仕事の探し方についても、なんとなくはアドバイスできます。

苦手分野は子育て。自分自身は子育てに縁遠いですし、普段の仕事でも関わらないため、子育て施策、学校や保育園の場所、特徴などについては、わからないか、通り一遍のことしか言えません。まだまだ要勉強です。

 

今日はほぼ席を立つ暇もないくらい盛況で、塩尻への移住をかなり本格的に考えられている人たちの相談も多く、やり甲斐がありました。

(過去には担当者3人で6時間のブース待機中、相談者数は冷やかしも込みの3人ということもありました。)

これだけ忙しいというのは市としても嬉しいことですね。

広告を非表示にする