ずくなし時々ずく

長野県塩尻市の北小野地区でDIYな生活に挑戦中。自然農、古民家改修、季節の暮らしなどなど。

醤油&田んぼ作業

今日は仕事がお休みの日。

夜の間に台風も過ぎ去ってお天気良く、農作業がはかどりました。

 

まずは4月12日に仲間と仕込んだ醤油の天地返しです。

桶をもう一つ用意し、仕込んだ醤油の元、もろみを移し替えることによって上下を入れ替えます。

 

最初の2ヶ月ほどは毎週これを行い、その後は月に一度程度に減らします。

仕込んでしばらくの頻繁な天地返しは、塩の粒を溶かしきって桶の中の濃度を均一にすると共に、もろみを空気に触れさせて発酵を促すために行います。

 

今では月一ですが、週に一度の頃は、まだ塩が安定していないのか、放っておくと表面で塩が結晶化していたので、最初の塩が溶けきった後も混ぜる必要は感じていました。

もろみを触った感じや、温度、味の変化などを毎回観察しながら、美味しい醤油になるようにと、名前もつけて醤油仲間3人で可愛がっています。

f:id:yelloworange_pepper:20170705212255j:plain

小鍋で少しずつ中身を移して天地返し中。

 

f:id:yelloworange_pepper:20170705212251j:plain

発酵が進んで、大豆が口の中で溶ける程柔らかくなりました。色艶よく、味もまろやかで美味しいです。

 

f:id:yelloworange_pepper:20170705212246j:plain

発酵を進めるために温度をなるべく上げます。ビニールハウス内で、さらに保温用にビニールで囲ってあげています。

 

醤油の天地返しの後に、田んぼ作業。

水路や畔の草刈り、田んぼ内の雑草取り、休耕中の田んぼが原野・山林に戻らないように若い木の引っこ抜きまでできました。

f:id:yelloworange_pepper:20170705222158j:plain

大きい方の田んぼ。緑がきれいで、水もきらきらしていて、見ていて飽きません。

 

米作りでは、稲そのものをあたる時間よりも、田んぼ周りの環境を整える時間の方が圧倒的に長い気がします。

今日は4人全員いたため、早く楽しく進められました。

一人で作業したら時間は何倍も掛かりますし、正直、めげるかな…。

田んぼは一緒にやろうと誘ってもらって今年から参加しているのですが、仲間そして先生がいることに感謝しています。

f:id:yelloworange_pepper:20170705221951j:plain

ちょっと放っておくとすぐ水路が伸びた草で隠れてしまいます。

 

f:id:yelloworange_pepper:20170705222141j:plain

きれいになった水路。出来栄えに満足です。

 

この時期は草の勢いも強く、数日で10センチ、20センチなんて簡単に伸びてしまいます。

草が生い茂ると水路の流れが悪くなったり、大きく育った草の根っこが枯れた後にできる太い空洞によって田んぼから水が抜けやすくなったり、田んぼの際だと日陰を作って稲の生育を悪くしたり、電気柵に触れて放電し、獣除けにならなかったりといった弊害も出てきます。

稲を育てているのは、油断すると山に還っていく、山に囲まれた小さな谷の田んぼです。

田植えしていた昼間でさえ、近くでニホンカモシカが跳ねていたくらいなので、ここで稲を収穫するには獣除けの電気柵が必要。

その電気柵に正常に作動してもらうには、草の管理が必須です。

 

ちなみに、電気柵の効果のほどは、先日うっかり体験済み。

夜暗くなったら作動するような設定になっているのですが、夕方草刈りをしていたらいきなり作動して飛び上がりました。

乾電池ながらも、確か8000v。感覚としては、ちょっと強い静電気です。

もうあれは触りたくないなぁ…動物も諦めて他のもの食べておくれ。

 

f:id:yelloworange_pepper:20170705222207j:plain

手植えだけれど、すごくきれいに揃っていて何度見ても惚れぼれ。稲の生育もとても良いです。

 

f:id:yelloworange_pepper:20170705222217j:plain

基本、草取りでは稲以外全ての草を抜きますが、一番の標的はこちら。稲と同化するように、しれっとヒエが紛れています。稲より早いスピードでぐんぐん生長するため、小さいうちに取らないと大変なことになります。

 

f:id:yelloworange_pepper:20170705230511j:plain

放っておくと大変なことになるものもう一つ、ニセアカシア。小さいうちから軍手越しでも痛い鋭い棘があって厄介なのですが…

f:id:yelloworange_pepper:20170705222228j:plain

生育が早く、あっという間にこんな木になります。休耕中の田んぼにどんどん生えてくるのですが、手で引っこ抜けるうちに抜かないと今度は重機が必要になります。

 

f:id:yelloworange_pepper:20170705221932j:plain

今日のおやつ、その1。田んぼの傍の木イチゴが食べごろです。

 

f:id:yelloworange_pepper:20170705222115j:plain

今日のおやつ、その2。桑の実も熟れています。私が知っているものより小さく、野生味が強かったです。

f:id:yelloworange_pepper:20170705222103j:plain

こっそり食べてもバレてしまう。口がこんな桑の実色に染まります。

 

稲のことだけでなく、草木の名前、山菜の場所、生き物の名前、季節のことなど教えてもらいながらの田んぼ作業、とても良い経験をさせてもらっています。

どんどん知識を積み重ねるぞう!

広告を非表示にする