ずくなし時々ずく

長野県塩尻市の北小野地区でDIYな生活に挑戦中。自然農、古民家改修、季節の暮らしなどなど。

冬の残りと春の訪れ

最近はだいぶ春を感じるようになってきました。

お風呂場や台所のものが凍らなくなったり。

ストーブ点けずに過ごせる日があったり。

コートを着ずに外出することがあったり。

スーパーでは、新玉ねぎや新ごぼうや菜の花、ふきのとうなどの春を感じられるものも見かけます。

 

そんな中、今日は久しぶりに雪が降りました。

もう以前ほど寒くないので、積もることもありません。

雪だろうが雨だろうが犬の散歩は必須、雪の中、これまでのつもりで一回りしたら、わんこが泥だらけに…しっかり雪が積もっている方がある意味では楽だったり。

 

北小野の畑上野原あたりを犬と歩きながら、一面の雪景色が少し恋しくなりました。

また来年の冬のお楽しみですね。

 

春となったら…ふきのとう、たんぽぽ、せり、つくし、ヨモギなどなど、ぜひぜひ欲しいものです。

もうちょっと経っても家の周りに生えてこなかったら他所からの移植を計画せねば。

嬉しいことに、ユキノシタだけは池のそばに生えているのを見つけることができました。

 

雪の止んだ夜はもわっと暖かく、塩尻への峠道が一面の霧でした。

今の時期は三寒四温、本格的な春の訪れを待ちながら、そろそろ体を起こしていきたいと思います。

 

広告を非表示にする